読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月原祥太と歩む世界遺産

月原祥太と世界遺産を学ぶ

月原祥太と世界遺産 ローマ フォルム・ロマヌム

月原祥太です。今日の世界遺産は、ローマ、フォルム・ロマヌムです。

フォルム・ロマヌム


 
     世界遺産写真                  位置図

                           

 

世界遺産の説明

 フォルム・ロマヌムは古代ローマの中心にあった。
 重なっているため6本のようにみえる8本の列柱は、サトゥルヌス神殿で、その右の3本の列柱は、ウェスパシアヌスの神殿。
 左にむかうと画面に大きくせまってくるのは、セプティミウス・セウェルス帝の記念門。
 中央アーチの間からパラティヌス(現パラティーノ)の丘がみえる。
 パラティヌスの丘には、皇帝たちの宮殿(アウグスターナ宮殿)がたっていた。
 丘の手前に顔をのぞかせる3本の列柱は、カストルポルックス神殿。
 左アーチの間にみえる列柱は、五賢帝のひとりアントニヌスと皇后ファウスティナの神殿で、その右の奥にティトゥス帝の凱旋(がいせん)門がみえる。