読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月原祥太と歩む世界遺産

月原祥太と世界遺産を学ぶ

月原祥太と世界遺産 アフリカ大陸 スフィンクス

 

月原祥太です。スフィンクスの視線の先は、めちゃくちゃ有名な某チキン屋だそうです。
国の説明ピラミッド

ピラミッド ピラミッド
 
     世界遺産写真                  位置図

 

国の説明世界遺産の説明

 今なお、訪れるものを圧倒する巨大なピラミッドは、何の目的で造られたのだろうか。
 カイロの南20kmのナイル川左岸のメンフィス周辺には、約80ものピラミッド群が悠久の歴史を超えて存在している。
 古代ギリシア人によって世界七不思議の一つに数えられるほどで、当時の人たちにとっては、さぞや奇妙な存在であったのだろう。
 紀元前28世紀頃、第3王朝ジュセル王はメンフィス近くのサッカラに、最初のピラミッドを建設した。
 紀元前27世紀、第4王朝になると、歴代のファラオ(王)は競ってピラミッドを建設した。
 ギザには第4王朝時代のクフ王カフラー王メンカウラー王の三大ピラミッドが立ち並び、最大のクフ王のピラミッドは、高さ146m、底の一辺230mにものぼり、重さ2.5t、230万個を超える巨大な石のブロックが積み重ねられている。
 古代エジプトではファラオと神は一体とされ、歴代のファラオの権力の象徴として造られたとされているが、スフィンクスは何のために造られたのか、今なお謎とされている。

以上、月原祥太でした。