読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月原祥太と歩む世界遺産

月原祥太と世界遺産を学ぶ

月原祥太と世界遺産 カンボジア アンコールワット

月原祥太です。今日の世界遺産は、アンコールワットです。

国の説明アンコール・ワット

アンコール  アンコール
 
     世界遺産写真                  位置図

 

国の説明世界遺産の説明

 カンボジア中部の深い密林の奥深くにアンコール王朝の壮大な寺院群が残されている。
 9~15世紀にかけてインドシナ半島南部にアンコール王朝が成立し、最盛期の12~13世紀にかけて、アンコール・ワット、アンコール・トムなどの寺院群が造られた。
 アンコール・ワットは12世紀前半、スールヤヴァルマン2世がヒンドゥー教の寺院として建立したもので、王の死後墳墓寺院とされた。
 3重の回廊がめぐらされた壮大なスケールは、ヒンドゥー教の世界観を表現し、建物全体に施されたレリーフには、ヒンドゥー神話の物語が彫り込まれている。
 アンコール・トムは12世紀末、ジャヤヴァルマン7世によって都城として造られた。
 仏教を深く信仰した王は、四面仏顔塔で有名なバイヨン寺院を城の中心に建立した。
 20年にわたる内戦によって、アンコール寺院群は戦火にまみれ、長く放置されてきた。
 内戦終結後の1992年、危機に瀕する世界遺産に登録され、ユネスコを中心に保護活動が続けられている。

 

気球に乗ってアンコールワットを一望する旅プランなどもあるそうです。月原祥太でした。