読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月原祥太と歩む世界遺産

月原祥太と世界遺産を学ぶ

月原祥太と世界遺産 ペルー マチュピチュ

月原祥太です。今日の世界遺産は、ペルー、マチュピチュです。

国の説明マチュ・ピチュの歴史保護区

マチュ・ピチュの歴史保護区  マチュ・ピチュの歴史保護区
 
     世界遺産写真                  位置図

国の説明世界遺産の説明

 アンデス山中にあるマチュ・ピチュは、周囲を渓谷や高峰にかこまれてすばらしい景色をつくりだしている。
 アメリカの探検家ハイラム・ビンガムが1911年に発見するまで、3世紀以上その存在はわすれられていた。
 山の斜面に段々畑がつくられ、比較的なだらかな所に広場、宗教区、居住区などがある。
 居住していたのは1500人程度であった。

三世紀以上忘れられていたとは!

国の説明マチュ・ピチュの歴史保護区

マチュ・ピチュの歴史保護区  マチュ・ピチュの歴史保護区
 
     世界遺産写真                  位置図

国の説明世界遺産の説明

 アンデス山中にあるマチュ・ピチュは、周囲を渓谷や高峰にかこまれてすばらしい景色をつくりだしている。
 アメリカの探検家ハイラム・ビンガムが1911年に発見するまで、3世紀以上その存在はわすれられていた。
 山の斜面に段々畑がつくられ、比較的なだらかな所に広場、宗教区、居住区などがある。
 居住していたのは1500人程度であった。

国の説明マチュ・ピチュの歴史保護区

マチュ・ピチュの歴史保護区  マチュ・ピチュの歴史保護区
 
     世界遺産写真                  位置図

国の説明世界遺産の説明

 アンデス山中にあるマチュ・ピチュは、周囲を渓谷や高峰にかこまれてすばらしい景色をつくりだしている。
 アメリカの探検家ハイラム・ビンガムが1911年に発見するまで、3世紀以上その存在はわすれられていた。
 山の斜面に段々畑がつくられ、比較的なだらかな所に広場、宗教区、居住区などがある。
 居住していたのは1500人程度であった。

とのことです。ちなみにマチュ・ピチュとは間違えて付けられたといわれている説があり、遺跡に名前は決まっていなかったそうです。ビンガムが地元民に遺跡の名前を尋ねたところ、地元民は今立っている山の名前を聞かれたと思ってマチュ・ピチュと答えたことで遺跡の名前がマチュ・ピチュであると間違って伝わった、という説だそうです。

月原祥太でした。